DHAに副作用はあるの?

考えている女性の写真

ドラッグストアなどでも手軽にDHAサプリメントが購入できますが、副作用の心配はあるのでしょうか?

まずDHAとは、マグロやサバ等の魚の脂に多く含まれる必須脂肪酸という栄養素のことです。

人間の脳にある脂質の4〜5%を占めている重要な成分ですが、体内ではほとんど作られないため食事などの外部から摂取する必要があります。

1989年頃から健康食品市場で注目され始め記憶力を上げる効果や中性脂肪やコレステロールなどメタボリックシンドローム対策としても注目をされている栄養素となっています。

DHAはこのように健康に良いイメージがありますが、場合によっては副作用がでることがあるのには気を付けなければなりません。

摂取量を守っていれば基本的に副作用の心配はありません

普段の食事から摂取する場合や適切な摂取量を守ってサプリメントを使用している場合には基本的に副作用の心配はないとされています。しかし、効果を高めたい等の理由で過剰に摂取してしまうと下痢や吐き気などのが出る場合があります。

稀に出血が止まらないケースも確認されています。

DHA単体の場合以外には薬との組み合わせによる副作用がでる場合があります。DHAは血の状態をサラサラにすることで血流を良くする働きがありますので、血液凝固阻止剤を使用している場合や圧を下げる薬を服用している場合には注意が特に必要です。

妊娠中や授乳中の方は特に気をつけましょう。事前に医師に相談

DHAに限った話ではありませんが、薬を使用している場合にサプリメントを同時に摂取したい場合には、医師や使用しているサプリメント会社にあらかじめ相談しておくと安心して摂取することができるのでおすすめです。

DHAは適切な量を守り、薬との組み合わせに気を付ければ副作用は少ない栄養素となっていますが、DHAのサプリメントの材料の多くには魚が原料になっているものが多くあります。

魚には豊富な栄養素が含まれていますが、水銀などの重金属を含んでいる場合があります。

普段の食事などでは特別に気にしなくても良いものですが、サプリメントなどで毎日摂取する場合は多く体に取り込んでしまうこともあります。

とくに妊娠中や授乳中の方は摂取する量を気をつけましょう。

【関連記事はこちら】
【医師監修】EPA・DHAに副作用はある? | ヘルスケア大学
DHAサプリメントの長期間摂取 – 食生活・栄養管理 解決済 | 教えて!goo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です